おりものの臭い対策どうしてる?

おりものについて、知り合い、友達と話すことって、なかなかありません。みんなどうしているのかしらと思うときがあります。生理中も臭いはとても気になりますが、体調、体質によって、おりものの量も変化があり、臭いもかなりきつい時があります。

何かの病気かな?と心配になることもあります。自分で出来る対策を考え、酷い時には、勇気をもって、産婦人科受診もかんがえないといけません。

eia

私は、年中、おりものが気になります。おりものシートを使っています。香りつきの物もありますが、おりものの、臭いと、シートの臭いが混ざって、ますます変なにおいになってしまうので、私は好きではありません。

そして、おりものの量が多い私には、シートは小さすぎます。つけていても、オーバーして、結局は下着が汚れてしまうのです。生理用のナプキンの薄手の物がありますが、年中使っていると、群れて、かゆみが出てしまうので、これもだめ。

何か良いものはないかと探していたら、布の織物用シートに出会いました。洗えて、エコです。肌触りが良く、かゆみもでません。私は、トイレで、交換し、夜には手洗いするようになりました。

臭いには、まだ悩んでいますが、使い捨てよりも、臭いが気にならなくなりました。以前はズボンの股の部分にも臭いが付き、職場でも、電車でも、人ににおわないだろうかと、気になりました。でも、布シートだと、そこに臭いがとどまる感じで、助かりました。取り換えるときの臭いはおさえられませんが。

日中のシャワーはなかなか出来ませんが、陰部の清潔には気を使っています。専用の低刺激の石鹸で洗います。デートの前は、ばっちり洗います。悩みは、職場から直行のデート。シートは取り換えますが、洗ってないと不安です。

一度、勇気を出して、受診しました。匂いや量や様子をお話しし、おりものの検査もしましたが、病気はなし。とにかく、清潔に気を付け、付き合っていくしかないのかなと思いました。明らかにようすのおかしいおりものや、酷いかゆみは危険信号なので、すぐ受診しましょうとのことでした。

産婦人科は恥ずかしいけれど、女医さんの医院を探し、知り合いの絶対来ないところなら、大丈夫。一度受診しておくと、安心です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ