おりものの異常を見分ける3つのポイント(量・色・臭い)

オリモノは、体の中から出てくる分泌物のひとつで、体が正常な働きをするには大切なものです。女性ホルモンと大きく関与していて、ホルモンバランスが良いときと、悪いときでは、量や色も変わってきます。

年齢によっても臭いに違いがでてくるのが、当たり前になります。若くても、ダイエットや偏食、栄養バランスがとれていない場合は、更年期と同じような症状が出る人がいます。女性ホルモンは、若くてきちんと機能しているかが大切なので、月経周期もバラバラで、女性ホルモンのバランスがとれず、無排卵だったりすると、オリモノの量も変わってきます。

おりものの図

毎日みているオリモノですが、違いがあることに気づくと思います。オリモノは、空気に触れると色が変わるとされています。一般に、白くなるのはダメだとか黄色になるのは正常だとかいいますが、例えばおしっこなどと一緒で、日によって体調によって多少の変化はあるものです。

おりものの異常を見分ける3つのポイント

ではどこで、見分ければいいのでしょうか?次の3つのポイントを注意してみましょう。

おりものポイント

おりものの量

まずは、をみてみましょう。明らかに量が増えているかどうか?これはひとつの基準になるかと思います。急に量が増えて、しばらく変わらないようであれば、産婦人科の受診を勧めます。

おりものは膣を守るために量を増やします、膣に何かしらの異常がある場合、おりものの量が増えることがあります。

おりものの色

あとです。他の人の色を見たことがあるわけでもないですから、どのような色が正常かは、これまでの自分の健康上みていているかと思います。明らかに白いカスのようなものが出ていたり、血液が混ざっているような色をしていたり、ちょっといつもと違う場合は、産婦人科に受診しましょう。

血の混じったような茶色や、痰のような黄色・緑っぽいおりもの、またはポロポロした固形状態や泡だったようなおりものの症状は性病の可能性があります。

引用 おりもの臭い改善.com|正しいケアで臭いを解消

オリモノは、空気に触れると色が変わると言われてます。そこも判断する材料としましょう。

おりものの臭い

あとは、おりものの臭いです。加齢とともに、オリモノの量、臭いが変化したり、栄養状態や女性ホルモンのバランスも関与してくることは、お話しましたが、臭いもそれに伴って変化する場合もあります。この場合はあまり心配する必要はないのですが、普通にしていて、臭いが急にきつくなった場合は、産婦人科に受診しましょう。細菌などの感染をおこしている可能性があります。早めに治療が必要です。

オリモノは、不潔だからなるだけではありません。清潔にすること、オリモノシートを使用することは、大事ですが、気になったら、早めに産婦人科に受診して、検査を受けることが1番だと思います。